PRや集客、販売促進に特化したこれまでにない超実践的で伴走型の支援をする商売の学校(略称:商学校)

こんにちは、売れるしくみづくり実践家の谷田貝 孝一です。

今年の秋からいろいろなイベントに参戦します。この秋は、地元栃木市と商工会議所主催のイベント出店が決まり、期間の長い2つの販促イベントにも参加します。

講師である前に実践者でもあるわたしです。
セミナーや勉強会でお伝えするネタ(実践実例)は新鮮なほうがいいですよね?

多くのお店さんはイベント出店を目的にします。
今ある商品を販売します。
こういうやり方は自分の都合によるもので、お客様に感動を与え喜んでもらえる、いわゆる”お客様目線”から遠く離れています。

イベント出店や今ある商品を売ることを目的とせず、生活者の困っていることで役に立ちながら自分の利益にもなる、そいうい仕事につなげる出店にしないともったいないです。

例えばそれはこうです。
日本料理のお店が350円のお弁当を売って日銭を稼ぐのではなく、法事や年末の宴会を受注するために出店する!

イベントの現場でわたしが実践しているそのものを見て学ぶこともできます。が、商売の学校(略称:商学校)では、イベント会場に出店する前に準備する①『売れるしくみ(自分が思うとおり相手に行動してもらう流れの計画)』をつくります。②売れるしくみを動かし行列をつくるオリジナル販促ツールを作成します。③非日常体験によって来場者に感動を与える商品を開発します。④来場者の購買欲を高めるキャッチコピーやポップなども、一緒に考えながらつくります

 

10月からスタートする商売の学校(略称:商学校)。
受講を希望する方はお問い合わせください。

集客・PR・販促専門

栃木県栃木市都賀町家中3405

 

TEL:0282-28-1601

代表/受付時間9~18時)
講演やコンサルティング中、移動の電車の中でお電話に出られないことが多いです。
お手数ですが、留守電に録音していただけると助かります。
もしくは、メール(k-yatagai@juntohru.com )でご連絡ください。

 

休業日:日曜日

対象地域:全国

お気軽にご相談ください