集客・PR・販売促進専門の谷田貝孝一のホームページへようこそ!

 

広告宣伝費にお金をかけず売上を向上さる販促手法

 

こんにちは!

小売・サービスの現場で自ら実践し『売れるしくみ』を専門につくる、売れるしくみづくり実践家の谷田貝 孝一です。

 

わたしは、チラシ広告やフリーペーパーなどの広告宣伝費にお金をかけず、新規の来店客を確実に集め売上を向上さる販促手法をご提案しています。

 

この販促手法は、わたしが小売・サービスの現場で実際のお客様とやり取りしながら、約7年かけて独自開発『新たな役務の提供(平成13年経営革新計画承認)』したものです。

お知らせ

2018年

10月

23日

自家製有機物発酵肥料販売業務開始届出書が受理されました。

おはようございます、旬やさいの里の谷田貝です。

雲は多いですが、晴れ間が出ている栃木市都賀町です。

 

きのうは、うれしいお知らせが届きました^^

 

「肥料販売業務開始届出書を受理しました」、という郵便が栃木県農業環境指導センターから届きました。

 

思えば2016年の秋、ヨモギの種を畑に蒔き、2017年春、ヨモギときび糖を混ぜ発酵させ“生ヨモギ発酵液肥”を製造したことが、肥料製造販売を業務に加えることのはじまりでした。

 

生ヨモギ発酵液肥を製造した後、有機物(油かす・米ぬか・魚骨粉・カニ殻)に生ヨモギ発酵液を混ぜ発酵させ“発酵ボカシ肥料”を製造しました。

 

有機物発酵ボカシ肥料を使い、家庭の生ゴミ(肉・魚・調味料のない野菜クズや果物残さ)を発酵させて“発酵生ゴミ液肥”を製造しました。

 

3つの発酵肥料をつくるきっかけは、「アレルギー体質の家族に化学的につくられた肥料を使い栽培した野菜を食べさせたくない」、という思いからでした。

 

はじめは、有機物発酵肥料をつくろうなんて思っていませんでした。が、インターネットで調べてめ自分で使うためにつくっている人はいるのですが、販売するために製造している人がいませんでした。なので、「有機物発酵肥料を買ってでも使いたいという人がいてもだれもやらないなら俺がやる!」と強く決意しつくりはじめたのです。

 

 

さて、きょうは、講師のお仕事で茂木町に出かけます。

 

 

姉妹店の飲食店営業許可付きキッチンのある『複合型レンタすぺ~す栃木』のご利用は、会員制の予約制です。

会員登録すると、旬やさいの里の『お試し菜園すぺ~す(0.9m×5mを1年間)』無料で使えます。

 

ご利用を希望される方は、事前にメール(k.yatagaikouichi@gmail.com)かメッセージでご連絡していただけると助かります。

 

お気軽にお問い合わせくださいね^^

 

2018年

10月

23日

栃木市で無農薬有機栽培の安全な野菜を使ってジャムもつくっています。

おはようございます、旬やさいの里の谷田貝です。

きょうもいいお天気になりそうな栃木市都賀町です。

 

きのうは、枝豆ジャムをつくってみました。

 

夜露が乾くのを待って畑に入り4株から約4kgの枝豆を収穫しました。

旬やさいカフェに持ち帰り次の手順で加工しました。

 

①鍋にサヤごと入れ塩をひとつまみ加えて約10分間茹でる。

②サヤから豆を取り出しうす皮をむく。が、あまりにも面倒くさい作業のため、加工方法を変更。

③ミキサーに枝豆を入れ撹拌する。

④撹拌した枝豆をうらごし器に入れうす皮と実を分離する。

⑤うらごし作業でうす皮を取り除いた枝豆にグラニュー糖とレモン果汁を加えて煮る。

⑥枝豆にとろ味がついたところで完成。

 

うらごし器を使うことで豆のうす皮をむく作業を省くことができて、作業時間を短縮できました。で、気になる味は...

 

「甘さ控えめで枝豆の香りが出ていて美味しい!」との声をいただきました^^

 

 

さて、きょうは、講師のお仕事で茂木町に出かけます。

 

 

姉妹店の飲食店営業許可付きキッチンのある『複合型レンタすぺ~す栃木』のご利用は、会員制の予約制です。

会員登録すると、旬やさいの里の『お試し菜園すぺ~す(0.9m×5mを1年間)』無料で使えます。

 

ご利用を希望される方は、事前にメール(k.yatagaikouichi@gmail.com)かメッセージでご連絡していただけると助かります。

 

お気軽にお問い合わせくださいね^^

 

 

2018年

7月

30日

無農薬有機栽培で安全なトマトを使ってトマトジュースをつくりました。

 

おはようございます、旬やさいの里@管理人の谷田貝です。

雲が多いですが、雨は降っていない栃木市都賀町です。

 

きのうは、地域の幹線堀の清掃に参加した後、工事の終わったキッチンすぺ~すを使ってトマトの加工品をつくりました。

 

トマトの加工品は、ジュースとジャムです。

ソースもつくる予定で作業を始めました。が、ジュースとジャムをつくる作業は思いのほか時間がかかりました(^-^;

 

ジュースとジャムは昨年もつくっています。

ジュースを購入された方から「スゴく濃いです。コレを飲んだら水みたいな市販のトマトジュースは飲めないですね」、「塩を入れなくても美味しいです!」と喜んでいただきました。

トマトジャムを購入された方から「トマトの他に砂糖とレモンしか入れていないなんて思えないくらいコクがあって美味しい!」という感想の他に、「種がないほうがいい」、「皮が気になる」というお声もいただきました。

 

今年のトマトジャムは、お客様からいただいた感想とご意見にお応えするため、種と皮を取り除いてつくりました。

種と皮を取り除くことで、コクのある味と果肉の食感はそのままに、喉ごしのよいジャムに生まれ変わりました。

 

正直、料理は得意ではありませんが、お客様からいただいた感想やご意見にお応えすることで、無農薬・無化学肥料で有機栽培している素材を生かした美味しいトマトジュースとジャムをつくることができました。

 

飲食店は“旬やさいカフェ”という名前で、お盆前にプレオープンできそうです。

ぜひ一度、ご賞味ください。

 

 

さて、きょうは、トマトソースとブルーベリージャムをつくろうと思います。

 

 

工事の終わったキッチンスペースも、DIYすぺ~すやセミナーすぺ~す、ミニイベントすぺ~すや小物雑貨制作すぺ~す、畑すぺ~す同様、レンタルします。

レンタすぺ~すのご利用は、会員制の予約制です。

 

①キッチンスペースを含むレンタすぺ~すの使用を希望される方

②店内改装のお手伝いを希望させる方

メール(k.yatagaikouichi@gmail.com)かメッセージでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

6月

17日

お客様から選ばれるお店(会社)になるために!

痛い目に合ってからでは遅いです!

起業・創業で失敗した人に「なぜ起業したのか」と聞くと、ほとんどの場合、残念ながらカネ儲けが目的です。
表向きは「好きなこと起業」、「夢を実現する創業」といいながら、実は「これをやれば儲かる」と考え起業・創業した。こういう話が多いです。

実際のところ起業・創業というのはそんなに甘くなく儲かりません。
例えば素晴らしい商品をつくったとしても、消費者である生活者はブランドの確立されていない商品を購入しません。特に日本人は。
何か特別な流れに乗って売れるということはあるかもしれません。が、基本的には簡単に儲かるものだと考えない方がいいです。

 

お客様から選ばれる人(お店・会社)になろう!
わたしが講師を務める超実践型経営勉強会に参加している青木 かおりさんが新聞に掲載されました。


青木かおりさんは、ご自身の難病や事故の後遺症などを克服した経験を活かし、「自分と同じような体の痛みや変調に苦しんでいる人の役に立つ!」と決意。揺るがない使命と覚悟を持って『痩身サロン我楽』を設立。体の悩みで苦しんでいる多くの人を癒しています。

 

青木 かおりさんのようにだれかの役に立つ明確な使命や覚悟を持つことで、人(お店・会)としてお客様から選ばれます。当然、商品購入やサービス受注につながります。口コミやご紹介で広まっていきます。みなさんから支持されて起業・創業で失敗することはありません。

2018年

3月

24日

北海道網走商工会議所様が開催するセミナーで講師を務めました。

おはようございます!

日々、講演やセミナーの合間に商店街やイベントを視察し、小売・サービスの現場で実践を積み重ね、売れるしくみをづくりやPR・集客・販促を専門に指導しているの谷田貝 孝一です。

 

きのうは、北海道網走商工会議所様が開催するセミナーで講師を務めました。

 

セミナーは、お客が思わずスマホで撮りたくなる演出法『インスタ映えさせる演出作りセミナー』というタイトルについて、次の項目について講座を進めました。

 

1.写真で広がるコミュニケーション

2.SNS・ネット上での口コミの考え方

3.お客様が写真を撮りたくなる瞬間は?

4.ついつい写真を撮ってしまう店舗事例

5.撮ってもいいお店がとっても良いお店

6.お客様にもう一度来てもらうには?

 

セミナーを受講された会員事業者さんから、次のような感想をいただきました。

 

「インスタグラムへの投稿を、自分の身近にいる人に手伝ってもらう方法は正直、驚きでした。これならスマホが使えない私でもインターネットを見てくれる人をお店に呼び込めそうです。がんばってやってみます!」

 

「インスタ映えする写真を撮ってもらう前に、のぼり旗や店頭ボード、顔出し看板などの販促ツールの使い方を考えてみます!」

 

 

さて、きょうは、朝からいいお天気に恵まれています。

春夏野菜の種まきや発芽した苗の移植をしようと考えています^^

 

 

【お知らせ】

 

①お試しSkypeコンサルティング

「セミナーに参加できないのですが個別に相談したいです!」というご要望が多いため、インターネットの無料電話(Skype)を活用して個別相談を実施しています。

 

下記のホームページから、お気軽にお申し込みください。

 

お試しSkypeコンサルティング: https://goo.gl/NUuK11

 

②ミラサポ支援

「お店も見てもらいながらアドバイスしてほしい」という方は、中小企業庁が提供する「ミラサポ支援」をご利用ください。

 

ミラサポ支援: https://www.mirasapo.jp/

 

.

集客・PR・販促専門

栃木県栃木市都賀町家中3405

 

TEL:0282-28-1601

代表/受付時間9~18時)
講演やコンサルティング中、移動の電車の中でお電話に出られないことが多いです。
お手数ですが、留守電に録音していただけると助かります。
もしくは、メール(k-yatagai@juntohru.com )でご連絡ください。

 

休業日:日曜日

対象地域:全国

お気軽にご相談ください